• 保育士はどのくらいの給料がもらえるのか

    保育士の給料は一般的に低いと考えられています。

    職に就きたいと思う方は事前にそういった特徴を把握しておくことをおすすめします。

    保育施設によっても違いがあるので把握しておくことが必要です。
    保育施設は二つに分けることができます。


    公立と私立の二つから選択することになります。これらの大きな違いは経営の主体にあります。国や市町村によって運営されているのが公立保育所です。


    反対に私立の施設は国や市町村以外の団体が経営の主体となっています。

    学校法人や宗教法人が経営の主体となっている場合も多いです。


    給料も公立と私立によって違いが出てきます。

    公立保育所で働く場合、地方公務員と同じ扱いになります。
    公立保育所で働く場合は地方公務員と同等なため安定した年収が約束されています。
    公立保育所で働く人の中には安定した年収が約束されているため長く勤続される方も多くなっています。

    反対に私立施設の場合は経営の主体となっている母体によって環境は様々です。

    そのため、決まった金額というのはありません。

    場所によっては公立保育所以上に良い待遇を受けることができます。

    保育士として働く場合はその職場の環境を事前に把握しておくことが必要になります。

    保育士の中にも様々な働き方があります。



    それぞれの働き方を知識としてつけておくことで多くの選択肢を持つことができます。



    働き方によって給料も様々です。
    各々の特徴を把握し、自分に合った職場を探すことが重要です。