保育士の給料について - 保育士の給料に関して知っておく
  • 保育士の給料について

    厚生労働省は毎年発表する「賃金構造基本統計調査」によれば、保育士の平均年収は34.7歳で310万円ということでした。
    詳しく見ていきましょう。
    平均年齢は34.8歳で、勤続年数が7.6年。



    労働時間は月に168時間、そこに4時間ほどの超過労働が追加されます。

    そして月額給与ですが、これは216,100円。

    年間賞与が573,800円なので、支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算した場合、平均年収は3,167,000円ということになります。



    ただ、賃金構造基本統計調査はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限らないという一面があります。



    保育士の場合、一般企業のように、勤務先の企業規模によって給料が変化するという側面はあまり見られないようです。

    例えば、10人から99人の事業所に勤めている保育士の年収は318万円ですが、100から999人規模の保育園は312万円、1,000人以上の規模となると316万円、10人以上規模の平均は317万円となっており、ほとんど波がありません。どちらかといえば、保育士の給料というのは、保育園の規模というよりも、地域や勤続年数によるものが大きいようです。

    福祉に力を入れている地域というのは多く、そうした地域の保育園で働いた場合、昇給に恵まれるといったことが考えられます。

    また、公立の保育園は安定的な昇給が望めます。
    事前によく比較しておくことが重要でしょう。